目のコンプレックスは二重整形で解消【埋没法は人気】

目のコンプレックスは二重整形で解消【埋没法は人気】

医者

はっきりした瞼にする方法

二重整形は糸で留める埋没法とメスで切開する方法とがあります。埋没法は施術時間も短く費用も安いのが利点です。切開法は幅広い二重がつくれて半永久的な効果があります。施術前はカウンセリングが行われ、目元のラインなどを決めてから二重をつくります。

目元

埋没法と切開法の違い

二重整形にはプチ整形の埋没法と、メスを使う切開法という方法があります。費用の相場は埋没法の場合、1点留めで8万円・6点留めで20万円前後が相場です。切開法も術式で異なり全切開法は約30万円、小切開は約25万円程度です。

レディ

瞼の状態に合った施術とは

二重整形には瞼の脂肪が少ない人におすすめの埋没法と瞼に厚みがある人に向いている全切開、しっかり二重を維持したい人に向いている部分切開があります。また、ダウンタイムの期間は安静が大切なのでゆったり過ごす様にしましょう。

目の悩みを解決する方法

目元

重要なクリニック選び

一重や奥二重、腫れぼったいまぶたや離れ目など目に関するコンプレックスを抱えている人はたくさんいます。特に、ぱっちりした可愛らしい二重になりたい、という人は多く、二重整形を受ける人も増えてきています。二重整形は、一昔前に比べ費用も安くなり、また技術の発達により、自然で美しい仕上がりを期待出来るようになったのが、理由の一つです。さて、二重整形を受けるためには、美容整形外科へ行く必要があります、現在、ほとんどの美容整形外科で二重整形の手術を行っていますので、ホームページなどを検索して、気になったところにカウンセリングへ行ってみましょう。カウンセリングは無料で行っているところがほとんどですので、気になるクリニックが複数ある場合は、複数の場所にカウンセリングを受けに行ってから決める、というのも良いでしょう。ホームページで、料金や実際に手術を受けた人の症例写真、口コミなどを見ることが出来ますので、それを参考にしましょう。さて、カウンセリングでは、どのようなコンプレックスがあるのかということや、なりたい二重の形、幅の希望や、自分の目や皮膚の状態を確認し、どのような手術方法が適切かを探っていきます。シミュレーターを使って、実際に一時的に二重を作り出してみる、という方法が取られることもあります。手術方法は主に二種類あり、一つが埋没法、一つが切開法です。埋没法はメスを使わずに糸を使った方法で、費用も安く一般的です。切開法はメスを使って直接二重を作り出す方法で、効果を永久持続出来るなどのメリットがあります。二重整形の費用については、一般的には埋没法の方が安くなります。保険の効かない手術になりますのでクリニックによって料金は異なりますが、相場は両目で10万円前後です。逆に切開法の場合は、少し費用が上がって相場は20万円前後になります。このように費用の面からしても、埋没法は人気です。埋没法や切開法の他にも、離れ目解消や、外国人のような大きな目を作るための目頭切開法などもよくある手術の一つです。これに加えて、目の一部分のみを切開する、部分切開法という方法もあります。この場合は、切開法に比べて費用は若干安くなる傾向にあります。また、クリニック独自で展開している手術方法も多数存在するので、様々なクリニックの手術の事例を確認しておくと良いでしょう。さらに、クリニックによっては術後のアフターケアを手厚く行っているところもあります。例えば埋没法の場合は、糸を使って皮膚を固定するので、術後に糸が取れてしまうというトラブルが起きる場合もあります。そのような場合、保障期間内であれば無料で再手術を行ってくれるというクリニックもあるのです。また、痛みやかゆみなどのトラブルが起きた際にも、無料で診察、ケアを行ってくれるところもありますので、アフターケアのサービスについても、よく調べておくと良いでしょう。おすすめは、やはり大手のクリニックです。実績も多く、アフターケアも充実していることが多いので、積極的に探してみると良いでしょう。納得のいく二重整形を行うために、下調べはしっかりと行うことが重要です。