はっきりした瞼にする方法|目のコンプレックスは二重整形で解消【埋没法は人気】

目のコンプレックスは二重整形で解消【埋没法は人気】

はっきりした瞼にする方法

医者

埋没法と切開法がある

美容整形で二重整形をするためには主に2種類の方法があります。一つは埋没法と呼ばれ、これは切開する必要もなく糸でまぶたを留めるだけできれいな二重をつくることができます。施術時間も短く、費用も意外と割安なので整形初心者の人におすすめです。埋没法は瞼の裏にある瞼板と皮膚を医療用の糸で留めて二重をつくります。またクリニックによっては瞼板を引き上げる挙筋と皮膚を留める方法を行っているところもあります。糸は留める部分が多いほどしっかりした二重になるので何箇所留めるかは医師と相談して決めます。瞼の脂肪の厚い人は糸が取れやすいので留める箇所も多くなります。埋没法は腫れや皮下出血などのダウンタイムもほとんどないのも利点だと言えるでしょう。そのほかの二重整形ではメスを使って皮膚を切除する切開法があります。埋没法は年数がたつと糸が緩んでくるので再治療が必要ですが、切開法は半永久的な効果があります。幅の広い二重をつくりたい、瞼の脂肪を除去してすっきりした目元にしたいという人におすすめです。全切開の手術をするときには瞼が垂れ下がる眼瞼下垂の治療をする場合もあります。瞼の筋肉が緩んで垂れた瞼を手術で引き上げ、二重にすることではっきりした目頭にすることができます。しかも眼瞼下垂の手術は保険が適用されるのも利点です。切開法は瞼の一部分を切除する部分切開と二重のラインを全切開する2種類の方法があります。切開法を希望する場合、全切開と半切開のどちらの方法が適しているかは医師とのカウンセリングで決めることができます。二重整形をする日は顔のむくみに気を付けておくことが大事です。瞼が腫れているままで治療をすると術後の効果も違ってくることがあるからです。前日から塩分や飲酒を控え、睡眠を十分にとってから施術を受けることが大切です。アルコールや塩分を摂りすぎるとのどが渇き水分を通常より多めに補給しがちです。このため体内の水分量が増えてむくみが出てしまうのです。体調を整えてクリニックに行き、そこで施術前のカウンセリングが行われます。カウンセリングではステックなどを使って二重のラインを決めます。これをもとに埋没法や切開法などの施術が行われます。どちらもクリームやジェル状の部分麻酔をかけるので痛みはほとんどありません。埋没法の場合は術後の痛みや腫れなどはほとんどありません。これは個人差もありますが、腫れや皮下出血があったとしても数日程度で消えてしまいます。整形したことが分かりにくいので翌日から会社や学校などに通うこともできます。切開法の場合は傷がいえるまでに多少の時間がかかります。ダウンタイムの期間は全切開なら数週間程度で、きれいな二重ができるまで数か月は必要になります。半切開ならダウンタイムもこれより短い期間で済みます。埋没法の施術時間は15分前後で部分切開の場合は30分前後かかります。また全切開の場合は1時間弱時間が必要となります。これは医師の技術の差などでも違ってくるので、これより施術時間が長い場合や短い場合などももちろんあります。医師により糸の留め方や切開方法などでも仕上がりの効果も違ってきます。そのため二重整形をする場合は、技術が高く評判の良い医師のいるクリニックを選ぶことも大切です。