目のコンプレックスは二重整形で解消【埋没法は人気】

瞼の状態に合った施術とは

レディ

それぞれの施術の特徴

細い目をもっと大きくしたいと考えた時おすすめするのが二重整形です。二重整形にはメスを使用しない埋没法と、メスを使用する全切開と部分切開があります。埋没法はプチ整形とも呼ばれ、医療用の大変細い針と糸を使用して瞼を数箇所留めることで理想のラインをつくることが出来るでしょう。メスを使わない施術の為、初めて施術を受ける人でも受けやすく、メスを使う施術に抵抗があるけれど施術を受けたい人におすすめです。また、この施術が向いているのは瞼にあまり厚みがない人です。瞼に脂肪が多く厚みがあると糸で数箇所留めただけでは瞬きをしている内に糸が緩んでしまい数年後に取れてしまうこともあるからです。全切開は瞼を目尻から目頭まで切開して二重をつくります。切開した際にたるんだ皮膚や余分な脂肪も取り除くことが出来るので、瞼に厚みがある方にも向いている施術です。埋没法とは違って、施術を受ければ半永久的に二重ラインを維持することが出来るので、絶対二重ラインを維持したいという方におすすめになっています。部分切開は全切開よりも少ない範囲を切開する二重整形です。数ミリ程度部分的に切開をして二重を維持することが出来ます。部分切開は比較的瞼に厚みが少ない、二重を長期間維持したい方に向いている施術です。部分切開も一度施術を受ければ全切開と同様の効果を得ることが出来ますが、全切開よりも切開する範囲が狭い為、年数が経つと二重のラインが狭くなってしまったり変わってしまったりすることもあるでしょう。施術の内容によっても向いている人が異なるので注意しましょう。二重整形をした後に気になるのがどの様に過ごせば良いのかということです。二重整形をした直後は個人差がありますが腫れや赤みが出やすくなっている為、激しい運動など避け、安静にして過ごすことをおすすめします。また、ダウンタイムの期間中は目をあまり駆使する作業は控える様にしましょう。出来れば休みを取ったり、連休に合わせて施術を受けたりすることをおすすめしますが、ダウンタイムを取ることが出来ない人はあまり無理をしないことをおすすめします。ダウンタイムに安静にしていないと、腫れや赤みがなかなか治らなかったり、余計悪化させてしまったりする場合もある為注意が必要です。また、ダウンタイムの期間は瞼が非常に敏感な状態ですから目を強くこする様なこともやめましょう。二重整形後はクリニックでアイシングを行いますが、自宅でも時間のある時はアイシングを行いましょう。タオルなどを濡らして目の周りを冷やすことで腫れや赤みを抑制することが出来ます。また、施術後すぐにはサウナや激しい運動など血行が良くなる様なことはやめましょう。この様にいくつかダウンタイム中に気をつけなければいけないことがありますが、ゆったり過ごすことを心がけることが大切です。腫れや赤みは施術の種類や体質などにも異なる為、腫れてしまったとしても慌てずゆったりとした気持ちで過ごす様にしましょう。二重整形は見た目を大きく変えることが出来ます。自分の目の形が好きではないなど悩みを抱えている人が施術を受けることで目元の悩みを解消することが出来るかもしれません。興味のある方はまずはカウンセリングの予約をして相談しましょう。